おまとめローンの審査で嘘をついた場合、どんなペナルティがある?

おまとめローンだけに限ったことではありませんが、おまとめローンも借金の一種であり、お金を借りるときに嘘をつくようなことは決して何も良いことはありません。嘘をつくといろいろなペナルティを受けることが考えられます。
だいたい、おまとめローンでお金を借りるといことは、相手が自分を信用して、これだけお金を貸してもこの人なら間違いなくきっと返してくれるだろうと思うからこそお金を貸してくれるのです。嘘をつくというのはお金を借りる上で最も重要な信用を裏切るということであり、おまとめローン 通りやすいローンにおいて最大のマイナスがあることを覚悟しなければなりません。
嘘にもいろいろありますが、基本的には申込時に必要な情報に虚偽記載をするということが多いでしょう。年収を多めに見積もったり、勤務先を偽ったりというようなことです。これらの虚偽記載については契約上も明確にペナルティが定められており、最悪のケースではお金を貸したほうは即時契約解除、残債の一括返済を求めることができるようになっているはずです。
つまり、いくらお金を借りることができたか知りませんが、その分の即時返済を求められるわけです。当然ながら支払えないでしょう。支払えるくらいであればそもそもおまとめローンなど必要ないはずです。支払えない以上、非常に困ったことになるのは容易に想像がつきます。延滞金はかかりますし、もしかすると収入の差し押さえ、自宅の競売などもあるかもしれません。